マイクロソフト社がウィンドウズXP駆逐のために、ゆるいウィルスを撒き散らしているらしい。
感染すると、おかしなメールが海外から多数届き、利用者は不安に駆られ、やむなくXPを更新するというものだ。

ふれこみはあった。
なかば、脅迫的な「XPを使い続けると、あたかもウィルスに感染してパソコンがおしゃかになる」ような・・・

MS社がそういう準備をしていたとしても不思議ではない。

ウィルスと言っても、致命傷を与えるものではない。
「うるさいな」「不安だな」という危機感を抱かせるだけで十分な「風邪」のようなウィルスである。
無論、放置しても構わない。

この話、妄想かどうかは、あなたのXPを使って確かめてごらん。