来し方行く末を思うのよ。
あたし。

ネコのみすずを抱いて撫でながらね。

今の科学者なんてさ、立派なこと言ってらっしゃるけど「仕事」なんだよね。
つまるところ。

あれだね。
「御用学者」ってやつ。俸給もらって、実験するの。
あたしは「やーめた」って、本当に辞めちゃったけど。
後悔してないよ。
科学、好きだけど。

ガウスとかオイラーなんてのは、彼らにとって科学は「趣味」だったんだよ。
ほんと、純粋に知的好奇心のおもむくまま、やってた。
金持ちの道楽だったわけね。

「人類の未来」、「人の幸せ」、「地球環境の維持」、エトセトラ・・・
ご大層なコトバを、一般人が吐くようになっちゃ、あたしはつまらんと思う。
環境を破壊するっていうけど、そりゃ人間にとって破壊であって、地球規模で言ったら、ニキビがつぶれた程度の問題よ。
45億年だっけ?地球の長い歴史のなかで、今のような極楽環境が整ったのはつい、こないだだよ。
それまで、過酷で、とても住めたもんじゃなかった。
二酸化炭素が増えて、暑うなって、息苦しなって・・・・
ストロマトライトが酸素を作る前は、それどころの騒ぎじゃなかった。
地球は、痛くも痒くもないの。
痛いのは人間と、それに巻き込まれる動植物たちだけ。

「なあ、みすず」
「にー」

自分の、オメコ(関東の方はオマンコ)の行く末とか、どうやったら絶頂感を維持できるかとかの探求のほうが興味あるなぁ。

何歳まで挿入可能なのか、実践してみたいやね。

四間飛車で勝てなくなった棋士が、こぞって「居飛車党」に鞍替えするんじゃ、見てる方も退屈だわなぁ。

藤井システムはどこへ行ったのかなぁ?

「吹けば飛ぶよな 将棋の駒に 賭けた命を 笑えば笑え・・・」
有名な村田英雄「王将」のくだりです。
こんな、阪田三吉のような、どアホウで、ぞくぞくするような棋士、おらんでしょう。

升田さんは良かった。野武士みたいで、「棋士」って感じだった。
でも、あたしが将棋を知った時には、お亡くなりになってたはず。

牛乳瓶の底みたいなメガネかけた、あの人、なんて言ったっけ。・・・(大山さんか?)
う~ん、パス!

あたしが好きやったのは、亡くなった、米長さんくらいかな。
加藤一二三?う~ん。猫好きらしいんで、話は合うかも。
おもろい人であることには違いないです。

谷川さんとか、羽生さんとか、森内さんとか、渡辺さんは、「将棋小僧」が大人になった感じで、イマイチあたしの好みじゃないんだな。


アマチュア無線も四級どまりで、興味なくして、ほっぽらかしてるアナタ、上を目指しなさいよ。
あんたならできる。
と、かく言うあたしは、アマ無線の未来はとても暗いと思ってます。

「電波を出してる」っていう快感を感じなくなったら、不感症です。
そして「応答」してもらったときの感激。
通信って、そういう広い空で、万が一の出会いを求める、はかなくも、うれしはずかしいもんなんです。
SNSでは感じないな。
SNSでつながっても、イヤラシイ妄想しか浮かばんな。

スレを見てても、アマ無線のような、あっけらかんと明るいイメージがないんよね。
ネットって、こそこそ、じめじめ、「小人閑居して不善を成す」的な部分があるでしょ。
そりゃね、アマ無線の「通信傍受」なんて、陰湿極まりない行為ですよ。

無線に「のぞき見趣味」が、ないとは言えない。けど、その悪用は法律で禁じられているから、ジョーシキある人しか運用できないし、「閑居」している局長はたくさんおるけど、「不善」は成さない。
短小包茎な局長はいても、小人(料簡の狭いひと)ではないからです。

うまく言えないけど、ネットの「なんでもあり」状態が、あたしのそれに対するイメージを暗くさせるのよ。
「炎上」だの、「ストーキング」だの。

携帯電話も「電波利用料」を払わないといけないんだよ。ほんとは。
電話会社が特定無線局ということで、みなさんの利用料金から支払ってんだろうね。
コールサインを持っているアマチュア局は年間、300円払ってます。

セクースが人にとって、必要なことなのか?
おなぬーをせねば、世界平和が壊れるのか?

もういっぺん、考えてみ。

あたしは、勉強するわ。
えっと、つぎは、「インダクタンス」と「増幅回路」やったかな。
それと、「法規」を同時進行でやっとかんと・・・

ソチ五輪のスノボの決勝も見やんとあかんし。

久しぶりに、雪が積もったんで、スキーに行きたくなったな。
昔取った杵柄で、ちょっとは滑れるねんで。