フェラをするときに気をつけないといけないのは、歯を当てないことだそうだ。

それは、過去の話で、最新の方法は歯を積極的に使うのだと。

日進月歩の世界であるな。

甘噛みという「猫」の技があるだろう?
あれだ。つまり。

前歯を軽く、胴に当ててしごく。
最初からやらない。
十分に血液が充満して最大勃起になったころを見計らって軽く噛む。
噛むというより、鉋(かんな)をかけるように歯をすべらせるのだ。

亀頭にも歯をあてる。
人によるが、亀頭の鍛えられた男の場合、甘噛みが好まれる。

オナホで漫然とオナっている若人には、向かない方法なのかもしれない。
やわいおちんちんには、歯を当てられないからね。

リクエストしていただければ、対応しますけどね。

唇の使い方は、よく言われるように、カリに引っ掛けるんだよね。
ぷりっとね。
でかい人だと自然にそうなるけど、細い方は、口をすぼめてあげるとよろし。

唾はAVのごとくたっぷりね。
空気をかまして、泡立てて、糸をひくような粘度にして使います。
濡れやすい女ほど、唾も多いのよ。
歳を取ると、少なくなるもの。上も下も。

対して、クンニ。
やってるか?ちゃんと。
なおざりにしてないか?

舌の根本がしびれてくるほど、やるんだよ。
なんでもしんどいことから逃げたらあかん。

大陰唇には甘噛みを、小陰唇には唇によるはさんで引っ張る技を。
だいたい左右非対称なビラビラなんで、長い方ばっかり引っ張らないでよ。

そして、意外とわかってないのが、陰毛への刺激よ。
毛を噛むの。
そしてじゃりじゃりするの。

口を大きく開けて、あむっと女性器全体をかぶりつくようにね。
ほんで、舌で谷間にそってべろんべろん・・

余裕があったら舌をペニスにように硬くして膣に挿入。
Gスポも刺激するんよ。
会陰からアヌスまで舐めて当然でしょ。
アヌスに舌先を入れるときは、女性に許可を得ましょう。
ダメなひともいるからね。

さあ、クリ攻めですよ。
知ってるつもりでも、復習。
大抵の男は上手ですわ。これに関しては。
情報も多いし、書物もたくさんあるからね。
クリ攻めがまったく出来ないか、下手くそなのは、学習してないからだと思います。
そういう人は仕事もできないし、人間的にどっか欠陥があるんだろうな。
問題解決能力の欠如だよね。

さてそれでは、包皮を舌先で剥くように、細心の注意を払ってなぞります。
クリの小さい子でも、そうやってあげてね。
クリの大きい人には、フェラみたいな舌技もありかと思います。
大きい人は、赤ちゃんのおちんちんくらいあるらしいから。

唾でいっぱい濡らしてね。
乾式愛撫はぜったいいけません。
必ず、湿式愛撫です。
JIS(日本工業規格)にも書いてあります・・かな。

最後に、鼻の頭をクリに当てて、口は膣を攻めるという、多角的な技を駆使してくださいな。

彼女さん、濡れてます?
濡れてないのは、あんたとやりたくないという意思表示と思いなさいね。
「立たない」時のあんたと同じ状況だと言うこと。
やりたいのに「立たない」ときは、お薬使いなさいよ。
女性に失礼だからね。
恥を忍んでおまんこをおっぴろげてんのに、「立たない」じゃ申し訳ないと思いませんかね。

お年を召した方のお相手ならば、しかたないとしても。
健康な若い男女なら、濡れて、立って当然だからね。
そうならないカップルは不健康なんだよ、きっと。
生活習慣から見なおせっての。

要は想像力と相手を思う気持ちだね。

さ、わかったら、とっとと舐めんかい!