ブレーキペダルとアクセルペダルの踏み間違いが大事故につながっているという指摘が、昨今の高齢者ドライバーの事故多発によってなされている。
オートマチック車になって、こういう誤操作が起こりやすくなったということは言えると思う。
私たち以上の高齢者が成人近くで免許を取得した時は「オートマ限定」という免許の制度は無く、すべてマニュアルミッション車で教習を受け、試験に臨んだはずだ。
ゆえに、高齢者はマニュアルミッションの教育を受けていても、オートマチック車の操作の教育は受けていないというのが実情だと思う。
つまり、ディーラーから進められて「マニュアルより操作が簡単になりました」ということで、ほぼ取説を見ながら、あるいは、セールスマンに教えられるまま運転に臨んでいるに違いない。
車が電化製品並みに身近で操作が簡単になったからだ。
ゆえに車のブラックボックス化が進んで、なんでこの操作が必要なのかがドライバーには見えない。
パーキングとニュートラルの違いさえはっきり述べることができないドライバーもたくさんいるだろう。
おまけに、運転姿勢が我流で、ペダルと足の位置もまちまちになっている。
ドライビングポジションはレーサーなら一番、気を遣うところなのに、一般ドライバーはまったく無頓着だ。
オートマ車のペダルはたいてい、左のブレーキペダルが右のアクセルペダルより手前に出ており、横に長い形をしている。
反対にアクセルペダルは奥にあって、縦長だろう。
この違いを、正しいドライビングポジションで足に覚えさえることが、第一の注意事項だろう。
またアクセルとブレーキの踏み替えは、かかとを床につけたまま行えと、教官に教えられなかったか?
かかとをピボットにして扇形にペダルを踏みかえるのだ。
さらに、急制動の場合のみ足を床から離して左のペダルを床を踏み抜くぐらいのつもりで踏む。
急制動は教習所でやらないところもあるかもしれないが、これは経験していてほしい。
広い場所で安全を確認して数回、急制動の操作をやってみよう。
大型免許ならやるはずだ。
私は、若いころ、夫とジムカーナの競技に出ていた。もちろんマニュアル車で。
練習中に夫のカローラレビンで横転も経験した。
急ハンドルすぎたのだ。
車内にバーを組み込んであるので、へしゃげはしなかった。
踏み間違いなんてとんでもない。全く経験がなかった。
足がちゃんとペダルを嗅ぎ分けて踏んでいるとしか言いようがない。
クラッチ操作もあるわけで、いちいち踏み間違えていては運転にならない。

今のお年寄りだって、昔取った杵柄のマニュアル車なら若いもんには負けへんでしょう。
操作をミスったらエンストするだけですから、こんな安全な車はない。
ちゃんと教わっていない車を操作する方がどうかしている。

いずれにせよ、65歳を超えたらもう免許を返上してもええのとちゃいますかね。
車の運転で過信がいちばんよくないんです。
これは機械全般に言えます。
複合機(コピー機)の操作でも、どうも間違いが多くなる。
紙がジャンジャン出てきて「止めてくれい!」と若い子に泣きつく私は老害だ。
「緊急停止ボタン」っていうのも車につけたらどうだろう?
横に載っている人も押せるようにして。
ごみ収集のパッカー車とか、工場のラインの機械とか、旋盤、NC、ああいうものには絶対ついてるよね。

痛ましい事故が無くなりますように。