「名ばかり正社員」という言葉を聞いたことがあるだろうか。
つい最近まで「名ばかり管理職」という言葉が有名になった。
被用者が求める「地位」をエサに、こき使う雇用者がいるからこのような言葉が生まれる。
 
求人票の条件が虚偽なんてのもよく聞く話だ。
「ブラック企業」ならずとも、ふつうの会社がどうどうと虚偽を書き連ねる。
企業側は人手不足なので、ほんとは非正規社員を雇いたいが、それでは集まらない。
雇われる方だって、不安定な「非正規」はゴメンだからだ。
企業側は、正社員を希望する者が多い事情を利用して正社員として雇うが、内容は非正規より酷いのが実情なのだ。

サービス残業と残業代の未払いなんてのは珍しくなくなった。
雇われた側も、やっと手に入れた「正社員の地位」を失いたくないから、泣き寝入りする。
そこが雇用者の思う壺なのだが・・・

そもそも被用者がこだわる「正社員」とはなんなのか?
ベアがあり、ボーナスがあり、福利厚生が充実して、雇用を「守られた」社員だというのが一般的な捉え方であろうが、法律的な裏付けはない。
雇用者が「正社員」だと決めればそれはそうなるのだ。
 
つまりは、定期昇給もなく、ボーナスもなく、退職金も出ない「正社員」が中小零細企業では当たり前である。
製造業は拠点を海外に流出させ、介護やサービス業しか働く場がなくなってしまった日本。
もはや、昔の終身雇用は夢物語となり、ローンも組めず、家の購入を諦め、子どもの教育も満足にさせられない親が増えている。

将来への明るいビジョンが描けない今日、日本の行く末はどうなってしまうのだろうか?
日本が、国内の雇用で国民を食わせていけなくなっている。
仕事のある場所は限られ、地方は国の繁栄(?)に置いて行かれる。
稼げる人とそうでない人の格差が広がった社会になった。
稼げる人や既得権益を得た人は、そうでない人を見下げ、見て見ぬふりをする社会となった。
格差は固定され、かつてあった身分社会が生まれようとしている。
機会は平等には与えられず、ドブの底から空を見上げる人々が増えていく。
「銀河鉄道999」で描かれた地球の世界が現実のものになろうとしている。
そんな中から「鉄郎」のような少年が這い上がっていくのだろう。

そこまでになってしまうまでに、雇用者のモラルが問われるのだが・・・
人を人と思わない雇い方を是とするような雇用者。
そうしないと競争に勝てないと豪語するような雇用者。

 なんとかならないものだろうか。

(文責 森田)