保育士の女性の出産ローテーションが物議を醸している。
私は、このことについて初耳だったので、毎日新聞の記事から知った。

つまり、保育園の方針で女性保育士間の出産の順番をあらかじめ決めて、産休が重ならないようにしていることを「出産ローテーション」というらしい。
女性ばかりの職場では、半ば公然と勤務規定に盛り込まれているようで、ほかに化粧品会社などでみられる。
そして、その運用は厳しく、もし順番を違えると叱責され、不利益を被らせることもあるとかで、明らかに人権侵害と思われる。
こんなことがなぜ明るみに出なかったのか?
私は驚きを隠せない。
ひどいのになると、結婚の順番まで決めているものもあるそうだ。
保育士は賃金も安く、なり手不足が常態化している。
そういう職場で産休が重なると、新たな人材を入れる余裕もなく、仕事が停滞してしまうのだそうだ。
結婚と妊娠と出産は「迷惑行為」だと言わんばかりだ。

これでは安心して産み育てることができないではないか。
そして、処罰を与えているのが女性の上司だという。

私はかねてより「女性の敵は女性だ」と言ってきた。
出産を控えた妊婦にイヤミを垂れるのは、子育てを終えた老獪な女上司であったり、未婚のお局だったり、不幸にして子供をあきらめざるを得なかった女だったりする。

私は、こういう日本の社会が先行きを暗くしていると思う。
なぜ不満を弱い者にぶつけるのか?

結婚と妊娠と出産は人間として当然の権利であり、だれにも侵されることのないものだ。
いつ妊娠し、出産するのかを決めるのは夫婦の自由である。

とはいえ現場の悲鳴にどう応えるのかが問題である。
産休が重なれば、保育所はてんやわんやの大騒ぎである。
出産は予定が立てられる行為でもあるから、経営者側は交通整理をしようとする。
もちろん、なるべく公平に順番を決めるのだろう。
「出産するな」とは言えないことも経営者は承知だからだ。
子供は授かりものなのでいくら予定が立つからといって、しゃくし定規にローテーションを組むのにはなじまないはずだ。
妊娠しにくい事情のある夫婦ならなおさらだし、年齢も加味しなければ、高齢の保育士を後回しにすると取り返しのつかない不利益になってしまう。

私の経験で、よく似た事例として社内結婚をなるべくしないようにという風潮があった。
「規則」とまではいわないが、してしまうといろいろイヤミを言われたものだ。
私は夫とは社内結婚だったからだ。
結婚後は当然、職場を分離された。
「社内恋愛」は「お手軽」とされ、子供っぽいようにも言われた。
また「生理休暇」を取ったことのある女性はどれくらいいるだろうか?
労働安全衛生法で決められている権利なのに行使しにくい。

まあ、それはそれとして、この問題は格好のブレインストーミングの課題になりそうだ。
男も女も、老いも若きもブレストに取り組んでみたらいい。
バカロレア級の問題提起だ。

結婚・出産・育児の自由は基本的人権に属するもので、基本的に外部から制限を受けるものではない。
昨今問題になっている、旧優生保護法に基づく障がい者の断種手術の強制も基本的人権を侵害している。
ハンセン病患者に対する差別や隔離もそうだった。
彼ら、彼女らを「和を乱す邪魔者」扱いするのなら答えになっていない。
すべての人に基本的人権が、生まれながらにして享有されているのだから、前提として間違っている。

この問題は、女性ばかりの職場に特異的なものなのかもしれない。
男も育休を取る時代なれば、同じ問題が生じるはずだが、日本はまだそこまで行っていない。
要は働き方の問題なのだ。
休む人がいても仕事が回るように職場で工夫しなければならない。
また、働き手の待遇改善がないと、仕事を担う人がそもそも集まらないから、いつまでたっても自転車操業になってしまい余裕がなくなるのだ。
仕事に対する誇りの持続は待遇改善からだ。
不満がたまると、人権侵害が起こるものだ。
学校でのいじめの問題も、学生の不満、目標の見失いからくるものだと私は考えている。


さて、皆さんならどう答えるか?