じゃりン子チエ」劇場版の英語字幕から拾います。
なかなか、大阪弁をうまいこと英訳してると思いますよ。

In fact, I am almost certain he did.
たぶん、あいつは見たんやろ(直訳:実際、彼が見たに違いない)。

Surely, and that's why he's so upset.
そうかぁ、それであいつはすねとんのか。(upsetは「動揺する」)

Lousy bum. What a gossip!
くそあのオヤジ(ひどい野郎)。余計なこと(知られたくないこと)を言いやがって(直訳:なんとゴシップな)。
Good evening.は「こんばんは」だけでなく、夜に家に帰ってきたときの「ただいま」にも使う。

Stop, you are making me sick.
やめて、気持ち悪い。

Go on!
がんばれ!

Too fast even.
ちょっと速すぎるんやないか。

Wait for me!
まってくれ!(またんかい!)
Do you not hear what I'm saying?
わしの言うこときかんかい。(なんで聞かない)

Please make an exception.
なんとかなりまへんか?(みのがしてやってください)exceptionは「例外」、つまり「例外を作ってほしい」という願い。
Out of the question.
関係ない!(問題外だ)

For once, he could eat the food that I prepared.
ひさしぶりに(直訳:一回だけ)、ご飯作って待ってんのに(prepareは「準備する」)。

Kotetsu, I have beautiful thing to show you.
小鉄、ええもん見せたろか(直訳:あなたに見せるための、いいものを私は持っている)。

Where could he be?
どこへ行きよったんかな?
(どこにいるねんやろ?)

You'll catch a cold.
風邪ひくで。

Something wrong?
どうしたん?(何か具合の悪い事でも?)



これって生きた英語なんかなぁ?それは、私にはわからん。
中山千夏(チエ)と西川のりお(テツ)、花井拳骨(テツが小学校時代の担任、仁鶴師匠)、花井先生(拳骨の息子でチエの担任、当時三枝、現在の文枝師匠)がええ雰囲気を出してはります。
彼らの大阪弁は、掛け値なしのネイティブスピーカーですから、よう聴いて覚えてください。