歴史的な韓国と北朝鮮の首脳の会談が始まった。
金正恩委員長が南北軍事境界線を初めて越えてきた。
両首脳は力強い握手を何度も交わし、この歴史的会談がいかに待ち望まれていたかを演出していた。

アメリカのトランプ大統領も、会談が始まる前なのに異例のコメントを出している。
それだけ彼の国の注目度も高いのだろう。
韓国側のプレスセンターの活況ぶりが、この会談にかける世界の期待を表している。
日本だけでなく世界中がこの会談の様子をテレビやネットで見ているはずだからだ。

キム・ジョンウンは核兵器を廃棄するのか?
核兵器の開発、大陸間弾道弾の実験は成功裏に終わったとして、もはやこれ以上、臨むことはないと彼は言っている。
それは核兵器を手放すということではない。
いつでも使える状態で保有しておくと言うメッセージだ。
とはいえ、今会談のキム委員長の融和ムードは彼の、かたくななイメージとは正反対のものだった。
トランプ大統領まで彼への評価を180度変化させる始末だ。
「彼は話せる男だ。尊敬にあたいする」
などと褒め殺すのである。
あいつぐミサイル実験に対し、「ロケットマン」と揶揄し「彼はほかにすることがないのだろうか?」とまでこき下ろしたトランプ氏だった。

ひるがえって、日本はどうだろう?
この会談にマスコミは熱心な中継と解説を行っているものの、見ている日本人は冷めているというのが本音ではないだろうか。
安倍首相にしても、この問題に関してアメリカとともに対北朝鮮強硬路線を貫いてきたものの、常に蚊帳の外に置かれた形で、おもしろくないという表情だ。
北朝鮮側としても日本は口を開けば「拉致、拉致」とうるさいので、日本には触れないような態度だった。
ともかく、北朝鮮に核兵器を放棄させるか、少なくともこれ以上の開発、増産を凍結させる決意をこの会談で引き出したいのが米中を含む当事国の願いであり、国際世論の願いでもある。
日本政府はその足並みを乱さないように、注意して発言し、事に当たっていただきたい。

私は北朝鮮や韓国との関係が個人的に濃いので、この会談を感慨深く観させてもらっている。
北の名物「冷麺」を持参してきたという金正恩委員長。
のっけから、柔らかい物腰だ。
一回の話し合いで結論が出るものではないことくらい、私たちは承知している。
しかし、こういった交流を数多く重ねることで、解(ほど)ける「もつれ」があると信じている。
私は北朝鮮も韓国も大事な友人だと思っている。
すべてを受け入れるほど広い心は持っていないが、隣人として争うのは良くないと思っている。
近すぎて、お互い、いがみ合うと後々大変なことはわかっているからだ。

少しでも良い結果を引き出せますように、両首脳と関係者に、お祈り申し上げます。