おおおお!コロンビアに勝ったぜよ!

香川のペナルティキックで一点先制で沸きました。
コロンビアはサンチェスのハンドで、彼は一発退場になり、一人少ないという勿怪(もっけ)の幸い。
それでも前半で今度は日本がペナルティを取られ、キンテロのフリーキックで同点に追いつかれた。
同点でも勝ち点はつくので、幸先(さいさき)は悪くない。
キンテロのキックは技ありで、人の壁がジャンプした下の隙間を鋭い弾道でゴールを突き刺した。
川島はそれを止めたんだ。
なのに、残念なことにゴールの内側で受けたため「ゴール」と判定されたのだった。

しかし、しかしです。

香川と交代した本田のコーナーキックから、「半端ねぇ」大迫の、ヘディングシュートが柱に当たってきれいに決まった。
西野監督の采配が決まった。

会場がほぼコロンビアのサポーターで埋まり、黄色一色の完全アウェイ状態で、彼らはよく攻め、守り切った。
GK川島の安定した態度がチームの団結を強くしたように見えました。
私が好きな長友もよく走った。髪を金髪にしてね。

後半に登場したエース、ロドリゲスも怪我のせいか動きが鈍かった。

ほぼ、コロンビア陣地でボールを回し、決定力は良くないがシュートもたくさん撃った。
練習試合では見せなかった変わりようでした。
下馬評は悪かったのに、西野監督は泰然と本戦に向かわれた。
侍ジャパンの心意気を見ましたね。

コロンビアは戦意喪失していたのか?
それはわからない。
彼(か)の国は負けて帰ると殺されるような国だ。
そんなはずはないだろう。
予測しなかった日本の戦いぶりに、驚いているのはコロンビア選手に違いない。