韓国の最高裁で、戦時下の朝鮮人徴用工への虐待に対する日本企業への損害賠償を認める判決が出たのはついこの間だった。
以後「韓国とは国交を断絶すべきだ」という意見がネット上にあふれている。
たしかにこの判決に不満を持つ日本人がほとんどだろう。
韓国の有識者の間でも、この判決が日韓の関係を悪化させるとして懸念を示している。

慰安婦問題でも同じような事態が起きたが、今回の判決は1965年の日韓請求権協定を覆すものとして看過できない。
しかしそれは政府が今後、熟慮するのであって、一般市民が匿名で「絶交だ」と扇動するものではない。
これが原因で在日ヘイトが再燃するのを、私は懸念する。

国と国との関係はそんなに簡単に鎖(とざ)せるものではなく、かつて尖閣諸島問題で当時の都知事が募金で島を買ったなどというバカげた愛国心を露呈したのも記憶に新しい。

韓国政府によく考えさせ、今後のつきあい方を日韓でともに話し合っていくことを勧める。
日本政府はそれができるはずだ。
法的に差し押さえ事件などが発生するかもしれないが、日本政府は短気を起こさずに、国際世論を味方につけ、国際法廷で戦うことも辞さない態度を明確にすべきで、国交断絶などという幼稚な行動に出ないことである。
日本人には馬鹿が多いが、賢者も少なからずいると信じている。