寒い夜は、燗をつける。
ウィスキーのホットとか、焼酎のお湯割りもするけれども、燗をつける手続きが酒飲みには嬉しいのである。

酒たんぽ
これは「酒たんぽ」という、お店じゃおなじみのアルマイトの容器だ。
「藤巻」といって、取っ手が熱くならないように「藤」が巻いてある。
これは「1合」で、上の段までが「1合」である。
私の酒器は、こんなの。

酒器
高島屋京都店で、結婚した時に主人と選んだものだ。
渋い地の色に「白鷺」が佇んでいる。徳利の側面にも、盃の内側にも。
彼とは、もう盃を交わすことが無くなったので、私が独り占めして使っている。
この徳利の容量が「1合」なんだけど、酒パックや一升瓶から注ぐとたいていあふれさせてしまう。
内容がわからないから。
そこで、いつごろからか「1合の酒たんぽ」を買い求めて使うようになった。
これなら、一合きっちり量れて、燗を付けたあと徳利に移し替えるだけだから。
居酒屋ではそうやっているんだろう。
雰囲気も居酒屋で飲んでいるような気にさせる。

酒を量って飲むと、量を過ごさない。飲みすぎないのだ。
もともと熱燗はすぐ回るので、飲みすぎに好適だ。

肴は、ちくわであったり、6Pチーズであったり、湯豆腐やホッケの一夜干しのあぶったの、白ネギをフライパンで焼いたの、船凍スルメイカ(平和堂で安い)の酒蒸し、ウィンナーソーセージの湯がいたの、目刺しのあぶったの、厚揚げ豆腐を焼いておろししょうがと刻みネギとめんつゆをかけたの、粉ふきイモのマヨネーズがけ、生シイタケのバターソテーのポン酢がけ…などだ。
どれも料理と言うほどのものではない。ガスレンジとフライパンや片手鍋があればできるものだ。
化学者の料理などこんなものだ。
アルコールランプがあればできる。

では一献…