私が金正恩ならば、核ではなく通常兵器のミサイルで日本海側に多数存在する日本の原子力発電所を攻撃破壊するだろう。
核戦争ではなく、通常攻撃で核兵器と同じ効果を導くためだ。
戦略核ではなく戦術核を使った場合と同じ効果である。
北朝鮮は移動式の核弾頭ミサイルの実験を多数行っているのも、発射場所をアメリカに早期に察知され「先制」されたくないからである。
テポドン級の固定式発射ミサイルは準備段階で察知されやすいので、今はほとんど顧みられていない。
また彼らがSLBM(潜水艦発射型弾道ミサイル)の実験に余念がないのも同じ理由である。
そしてアメリカには、まだ撃ち込まない。

ならば、アメリカは同盟国日本が攻撃されたとして、北朝鮮へ本気で核攻撃を企てるかもしれない。
半ば自動的に平壌は火の海になるだろう。
とはいえ、こちらの迎撃ミサイルの精度を上げても、それをかいくぐる核ミサイルは存在する。
「ヘタな鉄砲百撃ちゃ当たる」である。
「先制有利、迎撃不利」が核戦争のセオリーだ。

平壌が先に核で壊滅となると金正恩の命も危ないだろう。
徹底的に叩くとは、「殲滅」あるいは「壊滅」を意味する。
つまりアメリカは核を使うということだ。
そこまではシナリオ通りなのだ。
その後が見えてこない。

北朝鮮先制で日本とアメリカがターゲットになるも、アメリカの報復により平壌が壊滅するストーリーと、アメリカ先制で平壌を叩き、「金正恩」斬首作戦を実行するというストーリーである。

これでは日本が戦争に巻き込まれることだけが確実で、死の灰が降り注ぐだろう。
逃げ場はない。
アメリカのシンクタンクでは「予防戦争(先制攻撃のこと)」という考え方があり、そうすれば日本人を含む犠牲者は140万人と見積もる(ナショナル・インタレスト電子版より)。
このまま北朝鮮に核保有を認めると、この先、偶発的戦争が起こった場合の犠牲者が770万人と見積もられるので、早めに「予防戦争」で北を殲滅しておこうというアメリカの勝手な言い分だ。
広島・長崎を優にしのぐ犠牲だ。
見積もられてたまるか!
自衛隊では防ぎきれず、アメリカも日本からは撤退するだろう。
島国日本は「チェルノブイリ」のように、そのまま封印されるのだ。

ここには、大国「中国」と「ロシア」が出てこない。
彼らはこの戦争を、「第三次(大惨事)世界大戦」にさせないように静観するだろう。
単なる「米朝戦争」という局地紛争にとどめるだろう。

むしろ和平交渉に、この二国が乗り出すかもしれない。
もちろん「下心」があってのことだ。
かつての「ソ連邦」が太平洋戦争終結間際に対日参戦してきたことと通じる。

戦場になった半島と日本列島は、国連の監督下で当事国の中ロ米の机上で山分けされ、難民対策と除染にあけくれることになる。

半島は緩衝地域としてその後も存在するが、人の行き来はできないだろう。
まして日本列島は皮肉なことに沖縄を残して、本土が阿鼻叫喚地獄になるのだ。
日本の臨時政府は那覇に置かれることになるだろう。


日本がかつて、自ら産んだ「鬼子」の北朝鮮に抹殺されるのだ。
太平楽を謳歌した、サブカルチャーの天国、日本は永遠に葬られることになる。

核は使った方も、使われた方も相打ちになって滅びるのである。

私はそんな夢を見た。

金正恩もトランプも、そこまで愚かではないと思いたい。
「抑止力」や「核の傘」など何の防御にもならないのがわかるだろう。
制裁と威嚇のチキンレースは即刻、停止して対話のテーブルに米朝首脳が着くべきだ。
早く北朝鮮と和解し、彼らと共存する道を日本も考えなければならないのだ。


もし「狂人」だけを取り除くことができれば杞憂に過ぎないのだろうけれど。

しばらくこのように「予約投稿」が続くが、ご勘弁いただきたい。