日本の高等学校の授業料無償化の制度から朝鮮高級学校が外されたことを不当として、大阪朝鮮学園が国を相手に処分取り消しの訴えを起こし、大阪地裁での一審判決では学園側が勝訴したが、国側が控訴した二審の大阪高裁判決が学園側に逆転敗訴を言い渡した。
学園側は不当判決として最高裁に上告するとしている。

そもそも、民主党政権時代に朝鮮高級学校も含めた高校授業料無償化を決定した政府の制度が、政権交代後、自民党が朝鮮総連と朝鮮高級学校の密接な関連性を指摘して、朝鮮高級学校外しをして無償化を実施したことが発端である。
この「ねじれ」によって、あおりを受けた朝鮮学校の生徒が、何の落ち度もないのに、日本人なら当然受けられる恩恵を在日朝鮮人というだけで受けられないのは不当だと学園側が声を上げたのだった。
当時の文科大臣の下村氏は「日本人拉致を行った北朝鮮政府の出先機関である朝鮮総連の影響下にある朝鮮学校に日本の国費を投じることは、国民感情としても納得がいかないこと」として朝鮮学校外しを平然とおこなったのだった。

この国民をダシに使った大臣発言は、政府自民党の総意でもあった。
おそらく今も安倍内閣の考えとしては変わっていないだろうと思う。
だからこの高裁判決が出たのだろう。
最高裁もたぶん、高裁判決を維持するものと思われる。
三権分立など、安倍内閣の前では画餅に帰している。

ふり返って、大部分の日本人は、下村談話を支持すると私は考えている。
よって下村氏の当時の言い分は的を射ていたわけだ。
在日朝鮮人へのヘイトスピーチが「在日既得権」を口汚く罵っていたころだ。

歴史を振り返ると、下村氏の言い分も決しておかしなことを言っているわけではないのだ。
朝鮮高級学校は確かに在日朝鮮人の子女が通う学校ではあるが、本来なら、統一コリアの考えのもと、民主的で自由な学問が授けられる各種学校として存在すべきなのに、朝鮮学校では、半島北部の出身者を祖先に持つ子女に極めて閉鎖的な、キム王朝の「主体(チュチェ)思想」で洗脳させているかのような印象を受ける。
祖先が南部出身の在日韓国人はこういう学校には行かないようだ。

下村氏によれば、朝鮮総連の影響下に彼らの学校が存在しているというのだ。
なるほど、教室には国父キム・イルスンの御影が掲げられ、日本にとって好ましからぬ思想が教授されているように見える。

在日韓国朝鮮人について、日本人にも誤解がある。
彼らの祖先の一世たちは、実は日韓併合時から終戦にかけて来日しているので「北」とか「南」という分類は本来おかしいのである。
よって、在日韓国朝鮮人は、現在の朝鮮半島の人々よりも「統一的」であるべきなのに、戦後の朝鮮戦争で分断された半島の経緯から、後付けで「脳内」で分断された特殊性を持つのだ。
そこに朝鮮総連が深くかかわっていることは否めない。
日本に住みながら分断を味わった朝鮮人は、思想的には日本人と同じ、自由主義であり民主主義の考えを持つはずなのに、朝鮮総連の息のかかった朝鮮学校にわざわざ入れて、北の思想で洗脳するのだから、やっかいである。
これは下村氏だけではなく、多くの日本人が苦々しく思っていることだった。
現在、朝鮮学校に通う学生には罪はない。
だからヘイトスピーチで彼ら、彼女らを差別し、貶めることがあってはならない。
一方で、この特殊な事情にある朝鮮高級学校に、日本の高等学校と同じ制度でもって、授業料無償の援助を国費で賄うことには、日本人も違和感を感じる。

統一コリアを日本国内だけでも実現できないだろうか?
そうして「北でも南でもない朝鮮・韓国人の学校」があってもいいし、彼らが選ぶなら日本人の通う高等学校に入学してくれてもいい。
そういう開かれた自由な在日外国人の学校があって、日本の援助を受けられるのなら、私も納得がいくのだが。
日本国憲法が保障する教育や思想の自由を逆手に取って、カルト的危険思想の「主体思想」を断じて日本で広めさせてはいけない。
キム王朝も北朝鮮も、平和裏に解体せねばならないのだ。