サンマが今年も不漁で、価格が高騰するらしいことをニュースで報じていました。
どうやら、中国でサンマの需要が増加しているそうで、サンマに限らず日本食の魚中心の食事が、中華料理より体にいいということで大流行りなのだそうです。
そして中国はやたらと人口が多いので、ますます魚がショートする。

さらに中国だけでなく、東南アジアや中近東方面まで魚の需要が高まっているらしい。
ゆえに、日本近海に来るまでにサンマは捕りつくされているから、日本人の口に入らないのですって。
こんなことが言われてもう数年になりますか?
サンマの季節になると、この話題です。
ウナギだってそうだったな。
あの庶民の魚、アジやサバまで少なくなっているらしいし。

人口が今世紀に入って、予想通りに順調に増え続けているそうです。
日本では少子高齢化なんて言ってますが、それでも世界レベルでは増えている。
韓国の少子高齢化もひどいらしいですが、もともと五千万人程度の人口なので影響が小さいです。
反対に中国も、一人っ子政策の影響で極端な高齢化が進んだようですが、もともと人口が十億のレベルですので、この人たちを食べさせるのは並大抵ではない。
インドだってそうだ。

中国や東南アジアの人口増加はもとより予想されていたことですけれども、生活水準も高くなってきていることには、対策が追い付かなかったのだと思います。

サンマの問題だって、顕在化するまで急だったでしょう?
日本も「日本食が世界基準になった」とユネスコ無形文化遺産にも登録されて浮かれていました。
中国人の富裕層が和食に飛びついて、もともと人間が多いから、ブームになったら原料が逼迫します。
反対に日本では魚離れを起こしていたわけですから、ある意味、日本人にも原因があります。

このような人口の増え方に対して、懸念というか、どうしたらうまくやっていけるかという議論はよくされていました。
とはいえ、先送りされてきて、どうしたらいいのかわからない。
それは「辛抱」を強いることになるからです。
自由経済の国々からは、相当なバッシングを受けますから。
環境問題もそうだったし、食糧問題もそうだ。
先進国と発展途上国との格差は埋まるどころか、開くばかりで、政情不安がつのって、紛争が絶えない。

そんな中で、戦争待望論という乱暴な考えが生まれる。
過去に大戦が何度か世界を見舞いました。
そのことで人が大量に、一時に死ぬために、人口増加が抑制されたという考え方です。
大戦に向かう前に動乱が起きます。
危険な思想もはびこります。
経済恐慌が起こります。
食い扶持を求めて移民の移動が始まります。
日本でも、満州国建国やブラジル移民、ハワイ移民などの国策が採られました。
新天地での夢の生活との触れ込みで、詐欺的に日本人が日本から追い出されたのです。
新天地どころか、何も育たない不毛の土地が与えられただけです。
財産を奪われた移民たちは、もはや日本に帰ることはできない。

そうやってかつての日本は戦争や移民政策で、人口増加から日本を守ったのでした。
本当にそれで守れたのでしょうか?
効果はなかったと思います。
悲劇しか残らなかった。つまり「失策」だったのです。
「戦争待望論」や「棄民」は「失策」の最たるものです。

映画「インフェルノ」を観ました。
私の好きなトム・ハンクスが主演のミステリー映画なんですが、これにも人口爆発に対する解決策としてバイオハザード級の新型ウィルス「インフェルノ」をばらまいて、人口を半分に減らすという極論を唱える団体「ゾブリスト」が登場します。
ゾブリストとは、その団体のトップのバートランド・ゾブリストが由来です。

ダンテの「インフェルノ(地獄篇)」を主題としたボッティチェリの絵が鍵になっているらしく、そういったルネサンス期の絵画や呪術に造詣の深い、世界的な権威であるハーバード大学のラングドン博士(ハンクス)がフィレンツェの病院の集中治療室で目を覚ますところから始まります。
頭を銃で撃たれたらしく、ある時期からの記憶がない。
謎の組織から執拗に命を狙われるラングドンを担当女医のシエナが献身的に助けるという展開です。
ラングドンは少ない手荷物の中に意味不明の道具やカプセルを保持していました。
本人もその記憶がないので、何に使うものかわからないが、一つは懐中電灯のようなプロジェクター「ファラデーポインター」であり、それが壁に映し出した絵がボッティチェリの「地獄図」でした。
もう一つのカプセルは病原体を封じたものらしいことがわかった(バイオハザードのマーク付き)。
ラングドンが狙われているのは、このカプセルを保持しているからだろうと思われます。
ラングドンは逃避行の中で、シエナとともに「地獄絵」と、記憶喪失以前に盗んだダンテのデスマスクからなぞ解きをして、自分が何者で、ゾブリストの野望や、なんで狙われているのかを明かしていきます。
ラングドンを狙っているのは、ゾブリストだけでなく、WHOや、ゾブリストがウィルス奪還を依頼したエージェント(最初にゾブリストがWHOの捜査員に追われて自殺したため、エージェントは依頼者を失っているが、野望の横取りを考えた)などで、混乱を極めます。
もう、いったい誰が信用できるのかまったくわかりません。
こういった作品は、だいたい「もっとも信頼している人が裏切り者」だったり、「すべて最初から仕組まれていた」という結末が多く「インフェルノ」もその系統です。
だから面白くないかというとそうではなく、十分に楽しめます。

人口爆発に対する解決策は、破壊的なものしかないのでしょうか?
増えすぎたら殺処分という、人間が動物にしてきたことを、人間に対してもしなければならないのでしょうか?
天災や戦争が起こって、一度リセットしてやり直すという方法しか具体例を見出せないのは、人間に知恵がないからでしょうか?
私にはわからないのです。