トランプ大統領の訪日と訪韓が終わり、「ひるおび」などではその比較議論が盛んだ。
あたしはこういうのを見てげんなりする。
日本のコメンテータの発言は、トランプ氏よりも応対したムン・ジェイン大統領への批判が目立った。
晩さん会に元従軍慰安婦の女性を参加させたとか、「独島えび」の料理を供したとか、はたまた在韓米軍基地にトランプ大統領を先に訪問させ、米兵の激励はともかく、在韓米軍への高額な出捐(しゅつえん)をアピールしてその減額を要求するようなセコい外交だ…というたぐいである。

あのね、よその国のことをあげつらう前に、日本の首相のていたらくを論じたらどうだ?
日米韓が対北朝鮮に対して強力なタッグを組む…みたいなことをトランプ大統領はいい、安倍晋三首相も同調する。
しかし韓国、ムン・ジェイン大統領はいささか冷めた、というより「北」の同胞とは対話路線だという姿勢を崩していない。
そりゃそうだろう?
もし戦争になったら、自国の国土が戦地になるわけだ。
慎重にならざるを得ない。
一国を預かる大統領としては至極当然の態度だ。
トランプ大統領は最初から北朝鮮に挑発的態度で臨んでおり、いまさら「対話」というわけにはいかない手前もあった。
日米と米韓で温度差があるのは当然だ。
もともと日韓では軍事的な協力関係は難しい。
韓国には正規軍があり、日本には自衛隊しかない。
米韓で軍事的な作戦に従事できても日本は「憲法九条」の縛りで、辛うじて「周辺有事」に当たる後方支援参加しか認められない。
韓国の反日感情はもとより、今は反米感情も高まっているという。
これでは一枚板で北朝鮮に対抗しうるわけがない。
そしてTHAAD配備で中国の韓国への干渉もあった。

韓国は北朝鮮と休戦状態であり、米軍に大きく兵力を依存している。
一触即発の状態は今も変わらず、アメリカが火に油を注げば、そのあおりを食うのは韓国国民だ。
海を隔てた日本、さらにはアメリカは対岸の火事くらいにしか思っていないのだろうが、北朝鮮の脅威はアメリカにまで及ぶのだった。

そんな中で些末な、セコい対米外交を行う韓国をあざ笑う日本がみじめだ。
日本だって褒められた外交ではなかったではないか。
ゴルフ外交だかなんだかしらないけれど、トランプ大統領は食い逃げして「ごちそうさん」とばかりに、去っていった。
拉致被害者と大統領の面談も成ったものの、それは前進なのか?安倍晋三のお株を上げる茶番ではなかったか?
そんで日本に高価な兵器を買わせる約束まで取り付けてホクホクだ。
つまり、大統領は「北朝鮮ビジネス」の営業に来たわけである。
ビジネスマンとしてのトランプ大統領は、安倍晋三よりも数枚上手である。
そういう生き方をしてきた人物だからだ。

最後に、韓国が「竹島」を「独島」といい、「従軍慰安婦問題」を蒸し返すのは、あの国の主権であるから、日本も主権を述べればいい。
それだけのことだ。
韓国を卑怯だとか、恩知らずだとか罵るのは、日本として恥ずべきことだ。
日本人は、何かというと「言うべきことはちゃんと言う」と鼻息が荒いけれど、どこにもそんな「子供の喧嘩」に注目する者はいない。
どうでもいいことだ。

さて中国の習近平と握手しに行ったトランプ大統領は、今度はどんなカードを切るのだろうか?