魚豊(うおと)という漫画家の「チ。ー地球の運動についてー」(ビッグコミックスピリッツ連載中)がおもしろい。
私は、あまり漫画やアニメを見ないのだが、この「チ。」は楽しめた。
魚豊氏(年齢・性別不詳)はかなり教養のある人物だとお見受けした。
チ。

中世ヨーロッパの架空の町らしい設定で、「C教(おそらくキリスト教)」が勢力を誇っている世の中で、経典に反する「地動説」を唱えることの難しさ…というより恐怖が生々しく描かれている。

コペルニクス的転回を口にすることすら憚られる理不尽が、執拗に描かれる。残酷な拷問、刑死のシーンが描かれ、作者が緻密に取材したのだろうリアルさで私たちに提供される。
画風が「テルマエ・ロマエ」風なのが、こういった歴史ものにふさわしく感じる。

肉眼観測しかできない時代の、膨大な天体観測データが示すのは「天動説の破綻」だった。
それに代わる理論を模索する天文学者や神学者がいきついた先には、神の創造した世界観を否定する「地動説」しかなかった。
C教原理主義の神学者たちは、不都合な事実を研究する天文学者を「改心」させようと暴力と恐怖政治で執拗に責める。

地球を不動のものとして宇宙を考えた場合、惑星(火星と金星)の動きや見え方に、理屈に合わないことが発見される。
火星は「逆行」するし、金星は「満ちる」からだ。
これをきれいに説明するには、地球も火星も金星も太陽の周りを円軌道を描いて回っていると考えなければ説明できない。決して天動説では説明できないのである。
※実際は限りなく円に近い楕円軌道である。

火星は地球の外側の軌道を公転しており、火星より内側を公転する地球は、火星を追い越すとき、火星の見かけの動きは「逆行」するのである。
また金星は、地球の内側の公転軌道を回っているので、地球から見て太陽の向こう側に金星が到るとき「満ちる」ことになる。
だいたい金星のような内惑星が満ち欠けを起こすのは、金星が太陽の周りを公転しているからにほかならない。
もちろんそれだけなら、まだ「地球は止まっている」と押し通せなくもないけれど、火星の動きは説明できまい。

このように、天体を観察すればするほど、天動説に不利な、地動説には有利な結果しか出ないのに、それを言うことが命にかかわる世界に生きる閉塞感はどうだろう?

ところで、この物語の天文学者(数人いる)が用いる「アストロラーベ」という計測器が、たびたび登場する。(第一集の表紙絵など)
アストロラーベ
このような真鍮(しんちゅう)製の、当時としては技術の粋(すい)を集めた高価なもので、現在でも骨董市場では高値で取引されている。
もちろん新しく作って売ればよいと考えなくもないが、現在では精度的にもすぐれる代替技術があるわけで、骨董中の骨董の価値しかなく、それなら新たに苦労して作っても意味がない。
もしかしたら『チ。』でメジャーになって、欲しがる人が増えれば作る職人が出てくるかもね。
アストロラーベの代替品は、皆さん小学校で使ったことのある「星座早見盤」があるでしょう?あれです。厚紙製で千円も出せばいいのが買えます。
もうちょっと高級なものなら「六分儀(ろくぶんぎ)」という航海器具がありますが、これももはや骨董品に近いです。
とはいえ、まだ作っているところもあるようだし、航海士の海技試験で六分儀を用いた「子午線高度緯度法」という天測技術が問われる場合がありますが、六分儀を現代の航海士が使っているかどうか私には疑問です。太陽(または月)の南中高度から緯度を出すときに六分儀を使います。
アストロラーベも基本は同じで、太陽に限らず、星座や惑星の南中高度を測る器具なんですね。


『チ。』は、まだ三巻が出たところで、これからも連載が続くらしいのでこの先がとても待ち遠しい。

ガリレオの時代を、ガリレオなどの実在人物を全く出さずに、架空の世界で地動説を描く力量に私は感服した。

お勧めする。