夏祭りには、私と浩二は、祖母から浴衣(ゆかた)を着せてもらった。
私の記憶では、中三の夏休みが浴衣を着た最後だった。
高校になって、もはや高安に泊まりに行くことはなくなったからだ。

私は、浴衣の下に何もつけていなかった。
たぶん、浩二が後ろから突かせてくれと言うに違いなかったから、最初からショーツをつけずにいた。
こんなことを思いつく中学生だった私は、すでに淫乱な嗜好があったのだろうか。

薄暮の中、浩二と二人で、慈光寺の前の広場に向かった。
盆踊りの櫓が建ち、踊りの輪ができていた。
浩二の母親も踊りの輪の中にいるはずだった。

行く道々、同年代の子も散見されたけれど、どちらかといえば、小学生たちがほとんどだった。
向こうから戻ってくる子供らは手に手に、綿あめやらヨーヨーを持っていた。
慈光寺には縁日の屋台がたくさん出ていて、相当な賑わいだった。
「こんなに人がいるんやね」
「榜示川(ほうじがわ)の部落のひとも来てるからちゃう?西畑(にしばた)とか垣内(かいと)の子らも来てるみたいや」
浩二の口から、この辺の集落の名前が飛び出す。私にはほとんどわからない。
「仏底(ぼって)に昨日、行ったやろ」
新池(しんいけ)の上(かみ)の西側の杣道(そまみち)を行くと、土地の人が「ぼって」という場所に達する。
「ぼって」には、山芋を掘ったり、栗を採ったりする場所がある。三等三角点があって「ぼって山」という山頂になるらしい。
「それがどうかしたの?」
「あそこでな白骨死体が、あがったことがあってん」
「え?そんなこと初耳やわ」
私は背筋が寒くなった。ただでさえ薄気味悪い「ぼって」である。新池の反対の道は「地獄谷」といってもっと恐ろしい場所だったのだ。
私は、にぎやかな露店をのぞきながら、気もそぞろに歩いていた。
「地獄谷やったら、むかし、牛馬が死んだらあそこに捨てるから、骨の一つや二つでるやろけど、ぼってやで」
「ぼってのは人の骨なんでしょ?」
「警察はそう言うてた。事件性はないやろとかも言うてた」
「事件性がないって、自殺?」
「自殺は事件やで」「そっか…ほなら、行き倒れ?」「かもね」
その話はそれでおしまいにした。
私たちは「なんば(焼きとうもろこし)」を買って、むしゃむしゃ食べながら歩いた。
そして、作り置きだったのか、冷めた不味い、たこ焼きをひと舟買って、境内の石段に座って食べた。
「なんや、生焼けみたいなたこ焼きやな」
「もうやめとき、こうちゃん。お腹、壊すよ」
「そやな」
浩二は小さい時から、よく下痢をした。
私は、姉のように、浩二をたしなめ、へぎ(たこ焼きの舟)を捨てに行く。
浩二は後ろをちょこちょこついてくる。
雪駄(せった)が歩きにくいのか、歩き方がおかしかった。
「帰ろか」浩二のほうが、言い出した。
「うん」
「こっちから帰えろ」
手を引かれて向かったのは慈光寺の裏手だった。
そこには高安の屋敷へ通じる道がついていたのだった。
しかし、日も落ちたこの時間だと、あの道は真っ暗のはず。
「真っ暗で、危ないよ」
「これがあるねん」
そうやって懐から出したのは、小さな懐中電灯だった。
たしかに、けっこう明るかった。
二人して喧騒から逃れるように、その小道を登って行った。
しばらくは村の街灯の光が届いていたが、じきに、小川のせせらぎの音しかしない暗闇になった。
浩二の熱い手が、私の手をつないで引っ張っていく。
「足元、気をつけな」
そういって、頼りない懐中電灯の光で下を照らしてくれた。
しばらくいくと、あのクスノキのあるちょっとした広場に出た。
もう下には、高安の家の屋根が見えるはずだった。
「なあ、なおぼん」
そら来た…浩二が催してきたらしい。
「なんやのん?」
「そこのクスノキに後ろ向いて手をついて」
「ここですんの?」
「ええやろ?後ろから…」「もう…」
私は、馬飛びのように前かがみになって、クスノキの硬い皮に両手を置いた。
ぱらっと浴衣がめくられ、私のお尻は丸出しになっているはずだった。
「うわ、パンツ、履いてへんやん」
「あんたが、するやろと思って、脱いできた」
「すっげ、なおぼん」
「はよ、しぃ」
「よっしゃ。暗いな」
彼も浴衣なので、前をはだければ、勃起を取り出せるはずだった。
浩二は私の濡れ具合をたしかめるように指を這わせてきた。
「ううん…」
私がのどを鳴らす。自然と足が開いた。
「ああ、濡れてる。いくで」
軟らかい先が、谷筋をこする。
汁を塗り広げる、いつもの浩二の動きだった。
蚊があちこちを刺す。
その痒みが快感を誘った。
「入れるよ」
ぐに…
硬いものが胎内に割り込むように侵入してきた。
私はのけぞるように、上半身を起こしてしまう。
「駄目だよ、立っちゃ。抜けてまう」
「でも」
私は、内部をこすられる快感を得ようと立ちバックをねだった。
私よりやや低い浩二は下から突き上げるようにし、私はひざを折って高さを調節してあげた。
ぬち、ぬち、ぬち…
愛液なのか汗なのかわからない湿った音が下から聞こえる。
浩二が私の浴衣の前立てから手を入れてきて、乳房をもみしだく。
「はうっ。いいっ」
「なおぼん、締まるぅ」
「締めてるの。わかる?」
「わかる。やばいよ」
「中に出しちゃだめよ。今日は危ないんだから」
「わかった」
浩二のペニスは深く差し込まれたり、浅くこぎざみに動いたりした。
たまに抜けて、前に飛び出す。
そのとき、クリをこすったから、たまらない。
「やん、きもちいいっ」
そのまま「スマタ」で浩二が腰を振り出した。
私にはこれの方がよかった。
浩二が私の脇の下に顔を入れて、その部分の匂いを嗅いでいる。
私は少し「腋臭」があった。浩二はそれが好きなようだった。
「ああ、なおぼん…」
そう言いながら、激しくスマタを動かしている。
このまま逝くのかもしれなかった。
「いいの?外で」と訊いてやったら、
「中は、だめでしょ?」浩二が言う。
「じゃ、このまま逝って」「うん」
そういうと、浩二が羽交い絞めみたいに密着して来、私は熱く硬いペニスを股間で挟んでやった。
浴衣は着崩れ、汗みどろになっているだろう。
「なおぼん、いくっ」
浩二が、背中でぶるぶる震えて、熱いものが私の腿(もも)を伝うのが分かった。
「で、でたぁ」
「いった?」「うん。いった」
浩二がゆっくり私から離れた。
目が慣れたのか、周りの景色がわかるようになっている。
蚊に食われ、私はぱちんとむき出しのひざなどを叩いた。
暗がりで、浴衣をどこまで整えられたかわからないが、とにかく胸元を合わせて、膝も合わせた。
「行こうか。ここにいたら、蚊にやられてボコボコになる」
「うん」
高安の母屋に帰った私たちは、かなり乱れた姿だった。
大人たちに見つからないように、二人は別れた。
浩二は、自分の離れに、私は母屋の祖母のところに…
内腿に乾きかけの精液がつっぱりつつあった。
「早くお風呂に入ろ」
私は、風呂場で浴衣を脱ぐことにした。
そこには祖母が洗った私の下着を置いていてくれていた。
風呂場の明かりで浴衣を点検すると、前のすそに、だらだらと浩二の「お印」の伝った跡があった。
「おばあちゃんに見つかるかなぁ」
もうしかたがなかったので、そのままにしておいた。
足と腕にいっぱい蚊に食われた跡があり、かゆかった。
汗みずくの体を、五右衛門風呂に沈めて、私はほっとした。

「なおこ、帰ってるんかいな」
祖母の声が外から聞こえた。
「うん、汗で汚れたからお風呂、もろてます」
「そうかぁ、浴衣はそこに脱いでおいて、明日洗うから」
こちらの声はあまり聞こえてない祖母なので、当て推量でしゃべっている。

私は、さっきの淫らな行為を反省していた。