先日、ノートパソコンのタッチパッドが反応せず、マウスポインタが消滅したり、動かなくなったという事故が起こりましたが、いろいろ検証してみて故障ではないことが判明しました。

どうやら、ファンクションキーとどこかのキーを同時に押した場合(おそらくうちの猫がキーボードにお座りになった時)にこういう事故が起こるようです。


こういう事例は、マウスの不具合ではなくタッチパッドの不具合でネットで検索すれば近い線でヒットします。
マウスポインタだからマウスで調べるとマウスの接触不良だの、電池切れだのおよそタッチパッドには無関係の不具合の対処が書かれていて混乱します。

それはそれとして、タッチパッドからマウスポインタが操作できないわけですから、TABキーとカーソルキー、エンターキーのみでパソコンを操作することになります。
これは慣れないととても不便なんですよ。
Windows10のデスクトップ画面で、タイルが出ている場合、再起動や設定(歯車マーク)を選定したいときTABを使い、カーソルキーでそこへ持っていきます。
TABを使えばタイルのメディアやソフトも呼べますが、それは今回はどうでもいいです。

何度か再起動しましたが、改善しなかった。
最悪、マウスポインタが消滅してしまうこともあった。
こういうときは設定の歯車マークを呼ぶのです。
「設定画面」ですね。
ここにデバイスってのがある。そこへTABとカーソルキーでアクティブにします。
またまたTABとカーソルキーで「タッチパッド」を選びます。
するとね、タッチパッドの感度なんてのが出る。それしか出ないんで、私は困ったんですよ。
TABを押していくと、右端に移っていって、「関連する設定」の「追加設定」というのが何度かやっているうちに、気になって、一度開いてみた。
そしたら当たりでね、タッチパッドが「無効」になってるではないの。
そこを有効にして「OK」をエンターキーで押せば、一発解決でした。

つまり、故障ではなく、タッチパッドが無効になっていたからマウスポインタが動かなかったわけ。

副産物として、タッチパッドのいろんな使い方がわかったわ。
一本指だけでなく、二本、三本、四本と増やしてスワイプしたりタップするとあら不思議、やってみてくださいな。

パソコンに分厚いマニュアルがなくなった昨今、試行錯誤とネット情報だけで解決の糸口を見つけていかねばならないのね。

ネット上の情報だけでは、自分のパソコンでは同じ画面が出なかったり、違う例だったりで振り回されます。
こちらがうまく使えてないことも原因の一つでしょう。
英語とパソコンは日々精進ですね。