今年もオールスターゲームが始まったわけですが、大相撲が、稀勢の里の途中休場で精彩を欠く中、若手の高安や宇良の活躍でなんとか見どころを保っているところです。

ところでセ・リーグとパ・リーグと言いますが、「セントラル(中央)」と「パシフィック(太平洋)」と呼ぶ由来はなんなんでしょうかね?

もとは「日本野球連盟」という一つのリーグだったそうです。
それが戦後、分裂して「太平洋野球連盟」を名乗ります。
加盟球団は阪急、南海、東急、大映、毎日、西鉄、近鉄の七球団でした。
太平洋岸にこれらの拠点があったからか、「太平洋」と名付けたらしい。

日本野球連盟に残留した、巨人、阪神、広島、中日、松竹、大洋、西日本が「セントラルリーグ」を名乗ったらしい。
これはプロ野球史上の大事件で「1949年再編問題」として語り継がれています。

「西日本パイレーツ」という聞きなれない球団がこのとき1950年の一年だけあった。
西日本新聞社がオーナーの球団で「平和台球場」を本拠にしたチームです。
北九州の野球の発祥はこの球団からなんですね。
西鉄に吸収されてなくなるんですけど、ライオンズ系に脈々とうけつがれている。
今のソフトバンクは「南海ホークス」系ですから、九州のプロ野球は血が入れ替わっているのです。
1950年のシーズン終了後、西日本がセ・リーグを脱退します。
その前の年1949年に、国鉄スワローズがセントラルリーグに参加します。
今のヤクルトスワローズの前身ですね。
「スワローズ」のツバメは国鉄の「特急ツバメ」のマークから来ているんでしょう。
あたしが小学生のころは「ヤクルトアトムズ」だったんだけど。
ヤクルトを家で取ってて、鉄腕アトムのコップをもらったことがあり、ながらく歯磨きのうがいのコップに使ってた。

そうそう、あたしがリトルリーグのベンチで「お茶を引いて」いたとき、「西鉄ライオンズ」だったり、「クラウンライターライオンズ」だったりした九州の球団があったわ。
まったく興味なかったけど。
やっぱり「がんばれタブチくん」が流行った時期の「西武ライオンズ」になってから、あたしはこの球団が気になりだしました。
今も「ライオンズ」は好きですよ。
そりゃあ在阪球団の阪神やオリックスに肩入れしますけど、元南海のソフトバンクも応援しちゃいますし気が多いのよ。

この時期、野球よりあたしは男の裸、見放題の大相撲ですよ。
東西に分かれますが、あの意味がイマイチよくわからん。
東西の力士が番付けで分かれている。
分け方に法則が見当たらない。
出身地でもない(モンゴル力士同士で東西に分かれとる)、相撲部屋の所在地でもない…
ただ、東の力士が格が上のようで、東のあとに西の力士が土俵に上がったりする。
どうやら、右大臣、左大臣ほどの意味しかないらしい。
つまり席次であって、東から順に埋めていき、東横綱、西横綱、東大関、西大関、東関脇、西関脇…
原子核の周りをまわる電子の入る電子殻がK,L,M…と詰まっていくのと似ている。
電子のエネルギー準位と力士の席次は似ているのよ。

将棋の世界で、関東の名人と関西の名人の対立が映画『王将』で描かれていました。
大阪朝日新聞が阪田三吉を西の名人と持ち上げて、東の名人、関根金次郎と戦わせ名実ともに日本一を決しようとしたのです。
結局、阪田の名人位は成らなかったのですが、こういう東西のシノギの削り合いもあったのです。

伝統の一戦「巨人・阪神戦」や、オリンピック誘致合戦、東西の熱い戦いは今も続きます。