順天堂大学の医学部の入試で女子受験生に対して減点し不合格とした事件が明らかになった。
いまさら、真新しい話題でもなく、有名私立医大では常習的に行われていた模様だ。
ただ、順天堂大の言い訳がとんでもないものだった。
「女子は成熟が早いので、コミュニケーション能力が高いため減点した」というのだ。
どうやら面接試験でのことらしいけれど「性差で一律減点」とはねぇ。
「女子の早熟」につき医学的な根拠論文があるらしいのだが、それよりも「コミュニケーション能力が高いから減点」の意味が不明である。
世間一般に、医師のコミュニケーション能力は特に要求されており、順天堂大医学部はそれに先駆けて医学部生に「コミュ力(りょく)」アップのスキルをつけさせるカリキュラムを組んでいたと思うのだが…

入試の時点ですでに「コミュ力」が高い女子は歓迎すべき人材ではないか?
なにも減点対象にすることはないだろう。

私にはわからないことだらけである。

ただ、医学部の教授連が「女子の能力を畏怖している」ように思えてならない。
東京医科大学に端を発した不正入試問題だけれど、最初は女子の成績が良すぎて、女医が増えすぎることを懸念してのことだった。
女医が増えて何が困るのか、病院の外にいる我々にはわかりづらいが、女医も結婚すれば妊娠出産がついて回り、病院(多くはその私立医大付属病院の事情)での医師のローテーションに穴が開くこと、現場が産休医師によって回らなくなることを危惧しているというのだ。
病院は「患者ファースト」の世界であるから、医師の都合で患者に負担をかけてはいけないという大前提がある。
すると、男性の比率の高い職場にならざるを得ない。
女医は緊急性がなく、責任を負いにくい「皮膚科」「眼科」「整形外科」「内科」へと流れていくことになる。
そこそこ身分が保証され、高給取りになるからか、女医もそれでいいというモチベーションで医師を目指すらしいから。

だから、もっとも重要度が高い、マンパワーの必要がある「心臓血管外科」「脳外科」は腕のいい男性医師が担当するが人数が少ないのである。

何が問題なのだろう?
日本の労働環境の問題なのだろうか?
女医が、緊迫した難しい現場で活躍しにくい状況を医学部自ら作り出してはいないか?
欧米先進国ではあまり類を見ない状況だそうだ。
男女差別もいくところまでいっているという極みだろう。

私は、医師を目指したこともないし、大の医者嫌いなのでアウトサイダーだから勝手なことを書かせてもらうが、世の中は女性の活躍を本当に望んでいるのだろうか?
生物の世界ではメスが社会をつくる例も少なくない。
アリやハチの世界がそうだ。
働きアリや働きバチは女王の娘たちである。
生殖の時だけ、女王はオスを産む。
何度もこのブログで例に出しているチョウチンアンコウはその究極の例である。
深海でパートナーを得にくいメスのチョウチンアンコウはオスを腹部にぶら下げて栄養を与えながら臓器の一部にして生活している。
オスは精子製造器に過ぎないのだった。

遺伝子レベルでも生物はメスが基本形でそこからオスが派生してつくられているようだ。
ヒトの「Y」染色体は男性を決定づける重要な染色体だが、これから先500万年もすれば消滅するのではないかと推測されている。
つまり代々、「Y」の足が短くなっているというのだ。
そうなればヒトもメスばかりになってしまうではないか。

キリスト教の教える「イブはアダムの陰茎骨(または鎖骨)から生じた」というのは方便であり、真実は「イブからアダムがつくられた」のだった。
※「方便」は仏教語だった…失敬。しかし、ヒトにはオットセイのような陰茎骨は存在しない。

人類の歴史においての「ミトコンドリア・イブ」の推論もなにやら、女系を示唆していそうで興味深い。

こういった事例を参考に敢えて書けば、ヒトも生物である以上、女系が当たり前であり、女が君臨して人類を治めるのが自然なのかもしれない。
男は、女の労働力として消費され、生殖のためだけにその一部を選抜して使う「アマゾネス」が現実味を帯びてくる。
男が女より体格が良く、運動能力が高いのは「アマゾネスの労働者」の要請があったからだろうか?
とにかく、男は死ぬまで働かされ、女に奉仕させられ、搾り取られるのだ。

だが万物の霊長たる「ヒト」のオスはそれががまんならず、女を貶める作業にいそしむ。
つまり男尊女卑社会の発生だ。
知恵もある男は、女を社会的弱者に閉じ込め、その優位性を封印せしめた。
太古、同時多発的に地球上で男たちが立ち上がったのである。

原始宗教で女神が奉られた歴史も残ってはいる。
天照大御神は女神だった。
しかし男神にとってかわられる。
天皇が男でなければならないというのは日本人男性の切なる願いなのだ。
そうしないと、日本男児の立場が危うくなり、男性の既得権がことごとく奪われてしまいかねないからだ。

そんな非現実的なことが男性のトラウマになっているのかもしれない。

そういう想像をたくましくしていると、この一連の医学部入試不正の事件は「女の能力への男の嫉妬」であると読み解けそうだ。