新型コロナ禍が一段落し、政府も緊急事態宣言を全面解除の指示を出した。
もっとも「ステップ1」への移行を各自治体に促すものであって、まだまだ規制の対象業種は残る。

数字の上で感染拡大が収束しているわけで、この時期に政府はこれまでやってきた「対策」の総括をしていただきたい。
私は当然、そう言う運びになっていると思っていたが、安倍政権にはそのつもりがないらしい。
専門家会議からも「ここで振り返るのも、今後の対策に資するのでは」と、やんわりと進言されたらしいが、安倍首相はつっぱねたそうだ。
「まだ、その時期ではありません」と。
第二波が懸念される中、PCR検査の慢性的不足感、保健所の業務飽和状態と医療崩壊、国民への意識改革、教育の停滞などいっぱい「振り返る」ことがあるではないか?
事業者や貧困家庭への経済支援も口ばかりでなにも届いていない(アベノマスクすら届いていないところも)のにである。
このままでは、ホームレスが増え、自殺者が増え、「アフターコロナ」が悲惨な状況に陥る心配がある。

安倍首相は、この度の新型コロナ禍の対策で「懸命に対処し、空前の財政支出を計画」しているとしたが、国民からの支持は下がる一方だ。
やはり「口ばかり」の感が拭えない。
言葉を巧みに飾るが、中身が伴っていないと国民は感じ始めているのだろう。
倒産件数はすでに100社を超え、今後も増える見通しだ。
ネットカフェを住処にしていた人たちが、真性のホームレス化に陥って、命の危険にさらされている。
そうでなくても派遣切りが平然と行われて、生活の基盤を脅かされている人たちがたくさんいるのである。
「人権を大事にして、国家が強制力を発揮しなかった」のに、際立って感染者や重傷者(死者も)を少なく抑えたことは、「謎だ」と言われながらも「日本モデル」として世界から高い評価を受けている。
とはいえ、そこかしこに人権が踏みにじられている事実も散見されるではないか?
ドイツのような最高レベルの医療もなく、ただただ人海戦術で新型コロナ禍の第一波を乗り切った日本。
そこには、太平洋戦争のときと同じ、日本人の「ひたすら耐える」という美徳があったという評価をする人もいる。
しかし、それは最後には国民に「一億総玉砕」を強いることになったのである。
アメリカ人の一部は、このまま日本が医療崩壊に向かえば「彼らはコロナにカミカゼアタックしかねない」と心配したそうだ。
そういう日本人の気概をほめていいのか、そんな精神論にすがって今後も同じ轍を踏むのか、私は疑問である。
『失敗の本質』という論文にそのことは指摘され、小池百合子都知事の愛読書でもあったそうな。
国家権力に従順な日本人は、ともすれば全体主義に流され、間違った方向へ進んでも軌道修正できないのだった。
レミングの集団自殺と揶揄される日本人は、今回は善戦したといっていい。
でも次があるためには、今正しく検証しなければならない。 
※なお、レミングの集団自殺は都市伝説であり、集団で溺れ死ぬ事実は事故であるらしい。

安倍首相は、ここで「あらさがし」をされると、さらに自分の足元が危うくなることを気にしているのだろう。
とんでもない人が首相なわけだ。
今回は、国民、なかんずく医療関係者が「英雄」として讃えられるべきだ。

かつての大戦で、弾丸もつき、松根油と精神力だけで飛行機を飛ばし、竹槍でB-29に立ち向かった愚かな行為を、今回の医療現場に見た思いがする。

「マレーの虎」と恐れられた山下奉文(ともゆき)陸軍大将が戦犯として裁かれ南方の地で処刑される前に、
「我に優れた科学的素養と科学兵器があったならば、たとへ敗れたりといへ斯(か)くも多数の将兵を殺さずに平和の光り輝く祖国へ再建の礎石として送還することが出来たであろふと言うことであります。私がこの期に臨んで申し上げる科学とは人類を破壊に導く為の科学ではなく未利用資源の開発或いは生存を豊富にすることが平和的な意味に於いて人類をあらゆる不幸と困窮から解放するための手段としての科学であります」と、言葉を遺している。

安倍首相は「科学」よりも「経済(というよりカネ)」を優先した。
科学で語るにはデータが必要であるのに、彼はそれを明らかにせず、ただ「お願い」を繰り返した。
国民は、首相に従うというより、自分の考えで自粛を選択し、情報リテラシーを駆使して新型コロナと闘ったのである。
日本人の昔からの「きれい好き」や、あまり他人と体を接しない生活、マスク着用へのこだわりのなさ、土足厳禁の住環境であることなどが新型コロナ対策に図らずもなっていたとされる。
普段からインフルエンザワクチンを接種している日本人が多いことも好結果をもたらしたのかもしれないとも言われている。
京都府にはもともと中国人観光客であふれていたのだが、病院内感染と大学生からの感染以外に大きな感染ルートがなかった。
これは、京都府内の医療関係者の一部が、「普段から中国人と濃厚な接触をしていた京都の人は、おそらくすでに免疫を獲得していたのではないだろうか?」と推論している。
そうすると、隣接の大阪府や奈良県、兵庫県の感染者の「少なさ」もうなずける。
武漢でパンデミック(感染爆発)を起こす前に日本に、京都府に新型コロナウィルスは入って来ていたのだろうか?

私は、その推論にはいささか無理があると思っている。
もしそうであるならば、もっと早くに、京都府で重症者なり、死者が出ていても不思議ではないからだ。
免疫獲得までには感染のプロセスの中で必ず、重症者が出てきてしかるべきだと思う。
やはり武漢パンデミック以前に日本に新型コロナウィルスが侵入していたとは考えにくいのである。

「日本モデル」は、一応の成功を見た。
そして新型コロナウィルスはまだいるのだ。
季節が巡って、日本人の上気道や呼吸器が弱ってくるころ、またやつらは牙を剥くだろう。
そのとき同じ轍を踏んでいては、勝ち目はない。
今のうちに十分な検証と、医療体制の充実に備えてほしいし、経済的に困窮している人への手当てと、学生への支援が待たれる。