「相掛かり」で、「無理筋(むりすじ)」と言われる指し方があります。
これはとても将棋の勉強になる「手筋(てすじ)」です。
「無理筋」とは、いわゆる「悪手(あくしゅ)」です。
正しい手筋を理解するためにあえて指す手なんですよ。
「反面教師」ってやつですかね。

▲2六歩、△8四歩、▲2五歩、△8五歩とここまでは「相掛かり」の形です。
ここからは、▲7八金、△3二金と指すのが定跡ですね。
ところが無理筋は違います。
▲2四歩、△同歩、▲同飛、△8六歩、▲同歩、△8七歩、▲2三歩、△8八歩成り、▲同銀、△3五角と、後手の厳しい一手が先手を襲いました。
先に持ち駒に角を得た後手の「飛車取り」か「角成り」かの選択を先手に迫る一撃です。
先手はたまらず、飛車を守るべく▲2八飛と引きましたので、△5七角成りとしました。
後手馬の両サイドの歩がタダですけれども、先手も角を取りたいので、▲2二歩成りと角を取りました。
これを後手は同飛と取るか、同銀と取るかで良否が決まります。
実は、△同飛と取って向かい飛車にするのが正解なんですよ。
△同銀だと、いずれにしても▲3六角と打つのですけれど、後手の6三の位置に先手の角が成り込まれるのを防ぐ手段が△6二飛しかない。
後手が金や銀を上げると、2二の位置の銀が、飛車の利き筋を絶たれてタダになるからです。
よって、△6二飛と守るのがこの場合の最良手なんですが、先手はすかさず5筋の歩がないのを好機として、後手の玉頭に▲5二歩と打ち込みます。
そうしますと、王手ですからやむをえず、△同飛と取るほかない。
ならば、▲6三角成りと対等に渡り合えるというわけです。
△6七馬と歩を取るくらいでしょうか?
先手は桂馬がタダになるので、▲7九金とします。
後手はやっと△2三歩と穴をふさぐことができました。
この後、先手は▲5二馬と飛車を取り王手をかけて角と飛の交換を突き付けるか、馬を引くかです。

△2三歩までの図面
23f

いちおう互角の形になりましたが、混沌としています。
じゃあ、戻って▲2二歩成りの一手を、△同飛とすればどうか?
先手は飛車交換に応じるか、▲2七歩と塞ぐかですか?
その後、▲3六角と6三を狙っても、今度は△5二金右と応じられて続きません。
後手は向かい飛車で応ずるのが最良だったのです。
88dokin
上図は、▲2七歩のあと、△6七馬、▲7九金、△8七歩、▲7八金、△8八歩成り、▲同金としたところ。
後手の歩成りを放置して、▲6七金と馬を取るべきだったか?
もしくは、後手も▲7八金に対して△5六馬と引くべきだったか?すると後手の8七の歩がタダになり、後手は△4七馬と歩を取り返すほかない。
まさにヘボ将棋です。

こんな結果を招く前に、相掛かりは、▲7八金、△3二金と角の頭を守っておくのが得策と言えます。
このとき▲7八銀、△3二銀は良くないとされます。
これは先手が7六歩、後手も3四歩と角道を開けたときに銀では互いの角がタダになって角交換にならないからです。
つまり仕掛けた方が敵陣に馬を作って、なおかつ角を持ち駒にできます。
これでは将棋にならないでしょう。
角の頭を守るには「金将」が最適なんですよ。