日本人にとって、忌まわしい思い出しかない「B-29」がアメリカでは動態保存されていて、お金払って遊覧飛行してもらえるらしいです。
ボーイング B29 FiFi号
英語のヒアリングの勉強にもなる動画です。
操縦席はけっこう広い。真ん前が爆撃手席で、その特等席に陣取っているおじさんがいます。
女性も数人体験搭乗しているようですね。
正副の操縦士が左右に座ります。機関士が別席に乗っていて、四発のエンジンを監視し、コントロールしている模様。
実はB-29ではじめて航空機関士が搭乗し、パイロットは操縦に専念できることになったそうです。
エンジン始動前に多くのチェック項目を正副の操縦士が確認している様子がうかがえます。
高高度性能が増したB-29でしたが、その分、搭乗者は低気圧にさらされるので与圧室が設けられています。
動画にも映っていますが、与圧室の隔壁は密閉度の高い潜水艦のドアのようなものが備わっています。
また機内を行き来するには細い管の中を通るようになっていました。

遊覧体験飛行では高高度にまで上昇させませんので、普段着で酸素マスクもなく搭乗できます。
離着陸のときだけシートベルトをするのは一般旅客機と同じで、安定期に入れば機内を自由に動くことができます。
元軍人の案内役が乗っておられ、B-29の説明をしてくれるようです。

この四発重爆は、爆弾搭載能力が当時としては最大で、「Fortress(要塞)」の名をほしいままにしていたのは、銃座があちこちに開いていて、群がる敵機を蹴散らしていたからでした。
セルシン」という電動機のような電磁誘導とアナログコンピュータを利用した角度同期装置でパイロットは照準器と銃器の角度情報を手にして的確に照準を合わせることができたそうです。
もっとも、当時の日本の戦闘機はB-29の高高度についていけず、青息吐息で防空にならなかったんですね。
だから、手ひどい空襲に苛まれ、日本の都市部は焦土と化し、あげくに、原子爆弾を二発も落とされ日本の無辜の民が「核の実験台」にされたのでした。

けっこう、私たちには複雑な思いの残る動画でした。