なおぼん艦隊は旗艦「曙(あけぼの)」が、先般、ヘルキャットとトムキャットおよびワイルドキャットの相次ぐ「キャット吐瀉」爆撃による機関大破のため佐世保にドックインし、艦本式「東芝Dynabook」を香港製「Lenovo」に換装し、本日より東シナ海で慣熟航海に出航する。

いやぁ、まいりました。
Dynebookの上に、うちのバカ猫がゲロッパして、キーボードが汚物で接触不良となり、物理的フリーズ状態を脱しきれず、Lenovo「ideapad」に換装となりました。
会社でもLenovo「Thinkpad」を使っているので、安いしこれにしました。、
Windows10がプレインストールされているので、換装は簡単やろと思っていたら、フレッツ光のゲートウェイとの接合でつまづきました。
セキュリティキーを訊いてくるから、前に同じことをやっているのでやってみたら「キーが違う」と言うてくる。
ゲートウェイの側面に貼ってあるシールの通りにキーインしているのにですよ。
十六進の十二桁の数字とアルファベットの文字列と、最後にZを押して十三文字にするんですよね。
それが頑として受け付けない。

思い込みとは恐ろしいもので、あたしは文字列を何度も、数十回はキーインして、覚えるくらいです。
間違いに気づいていないんですよ。あたし。

十六進数には0~9の数字に加えてA~Fのアルファベットが使われます。
昔からパソコンをしている人は機械語が十六進数で表示されることを知っています。
で、このアルファベットは大文字でも小文字でも区別はなかったはず。あの頃は…
今は違うようです。
あたしはアルファベットを小文字でどうやらキーインしていたみたい。
それに気づいたのが夜が白白を明けるころでした。
「いっしょやろうけど、いっぺん大文字にしてみたろか…」
もうろうとした頭で、あたしは天の声を聴いたのかもしれない。
実際、ラベルの表示の十六進数はアルファベットが大文字になっているんですから。

正解は、十六進数のアルファベットは大文字にしなければならないということでした。

この小さな思い込みが、もうちょっとで有料サポートに手を伸ばすところでした。
出張費込で一万円以上もするらしい。

気づいてよかったぁ。
稀勢の里のように「あきらめない」気持ちが大事だと思いましたよ。