日馬富士の暴行事件が報道されました。
「またか」と思った人も多かったでしょうね。
横綱があまりにも軽率な行動を取ったので、非難も集まりました。
モンゴル人力士同士のいざこざということで「やっぱりな」と偏見を持ってみるファンも多いでしょう。
朝青龍がそうであったからね。

被害者の貴ノ岩が日馬富士にビール瓶で頭を殴られたのですが、すぐには症状が出ず、軽く考えていたようです。
ところが、数日後の九州場所直前に貴ノ岩が体の不調を訴えて入院し、頭蓋骨折などいくつかの負傷の診断書が出てしまった。
貴乃花部屋の貴乃花親方が急遽、警察に被害届を出したという寸法です。
スポーツ新聞の記者は早くからこのいきさつを嗅ぎつけていた模様で、なぜか今日の発表になった。
相撲協会の親方衆も知っていたのに、隠蔽体質がまたもや出てしまった。
日馬富士はいけしゃあしゃあと九州場所を二番取り、連敗しています。
観客は横綱のお粗末な相撲内容に憤慨していたわけですが、その理由がはっきりしました。
そしてとうとう日馬富士はけがを理由に三日目以降休場というのです。
貴乃花親方に詫びを入れるために出かけたけれど、親方が不在で会えなかったとか言ってますが、けがを負わせた貴ノ岩への謝罪はなく、皆さんにご迷惑をかけたという理由の謝罪で釈然としません。
どうも日馬富士の真意がつかめない。

「横綱の品格」の問題が、モンゴル人力士によく問われるのですけど、やっぱりだめなんですかね。
相撲界の暴力沙汰や八百長は昔からあったわけですけれどもね。

警察沙汰になった以上、日馬富士の暴行は刑事事件に発展するだろうし、そうなると辞職してもらわないといけない。
また当事者だけでなく横審や親方衆、相撲協会の隠蔽体質、暴力容認を徹底的に洗って出直さないといけません。
せっかくお相撲の人気が上がって、女性ファンも大勢見に来ている状況になったところなのに水を差す事件になってしまいました。
白鵬と稀勢の里には、より一層、横綱として精進していただきたい。

それから小池百合子だ。
こいつはとうとう、予想通りに「さじを投げた」ね。
自分の思い通りにならないと、投げ出すのが小池流なのだ。
欺いたな、小池百合子」でも書きましたが、小池は新党立ち上げを口実に民進党をつぶし、安倍晋三に一人勝ちさせたのでした。
だから「希望の党」は役目を終えた、燃えカスだったんです。小池百合子にとって。
都政専念を口実に、元のさやに戻れば、だれも文句は言わないだろうと踏んだのだね。
汚い女だ。

今日は、見苦しいものを見てしまった。