海外と取引していると、日本語ではよくある言い回しを英語でどういうたらええのか窮することがある。
私は、英語の学校を出たわけでもなく、下品な英語をしゃべって「ひんしゅく」を買うような人間だから、なおさらビジネスで「やらかす」のだった。
「振込手数料はお客様負担で」なんて英語、どうします?

"All bank charges must be paid by the customer."

これでどうや?通じるか?
これはよくある、「送料そちら持ち」を、すこし強めのお願いに変えただけ。
"Postage is paid by the customers."

"After having replied us to you, please order it from our order-form again."
これは、怪しいんだけど、「弊社よりお見積り内容の回答を差し上げた後に、改めて「ご注文フォーム」から注文をお願いいたします」っていう意味なんだ。
通じます?あたしの英語。

つまりね、うちの会社のホームページに「見積請求(Quotation)」と「購入(Purchase)」の専用フォームがあるからそこに誘導するわけよ。

We are closed on Saturdays,Sundays,and national holidays. Your inquiries will be handled on the next business day or later. If you are in a hurry,please call or fax us(+81774******).

当社の営業日とか、お急ぎの時の連絡とか…

家でする仕事のひとつが、会社のグローバル対応ですわ。
これでパート扱いですぜ。

ただし「社保完」にしてもらっているから、何にも言えません。
要介護の病人がいるので、大変助かっております。