英会話でなかなか出てこない単語がある。
英語の検定で高得点を叩き出している友人でも「えーっと」と考えてしまい、私が「頼んないこっちゃな」と偉そうなことを言った経験がある。
たとえば「銀行口座」に当たる英語だ。
あの、誰でも知っている「account」がそれに当たるのだが、出てこない。
「アカウント」に「口座」の意味があること自体、知らないからである。
「bank account」と丁寧に言ってもいいけれど、それは日本語でも「銀行口座」を単に「口座」と言って済ましていることと同じである。
「アカウント」はもともと「勘定書」のことで、「カウント」が「数える」だから「計算書」や「勘定書」が「アカウント」となるのはうなずけよう。
じゃあ「bill」というのもあるじゃないか?
「勘定書」は、そこに書いてある金額を「請求します」という意味でもあるので「請求書」のことを「bill」というようだ。
また商習慣から「請求書」は「領収書」を兼ねるので、両方を「bill」と言うのもわかる。
だから現代では単に「請求書」や「領収書」などの勘定書類を「bill」といい、銀行口座は「account」を使うことが多いらしい。
じゃあ「レシート」は?
これは「receipt」と綴る。

英語でも「レシート」と言えば、あのレジスターから出てくる計算書兼領収書のことであり、日本語との意味の差はない。
英語の「receive(受け取る)」と語源を同じにする単語が「receipt」であり、ドイツ語読みでは「レセプト」。
「v」→「p」の発音移動はよくあることで、どちらも唇を使う。

「医療報酬明細書」のことを「レセプト」と言うのは、お聞きになったことがあるはず。
私が化学会社の研究員をしていたころ、ある染色工場に出張に行ったことがあり、そこでは作業者が染料の配合を書いた「配合表」を「レサイプ」と言っていた。
実は染料業界では、「receipe」の英語ネイティブの発音が「レサイプ」と聞こえるのだ。

そうすると、料理の配合である「レシピ」は?
これも料理人のネイティブスピーカーが言い、綴りは「receipt」で同じだった。
発音しない「p」が、発音されてしまうのはよくあることで、それがどうやら業界によって異なったというのが正直なところかもしれない。
ドイツ語でカルテを書く医者は「レセプト」、料理人たちは「レシピ」、染色業では「レサイプ」と読んで広まったものの、各業界が交わることなく来たので、複数の呼び方が生きているのだろう。
どちらにしても「費用や配合の明細書」なのである。

このように、英語ではネイティブといえども、単一の発音があるわけではない。
方言だってあるだろう。
また、建国当時のアメリカでは文盲の人が多かったことや、移民が多かったこともあり、綴りが揺れ、初期の新聞でも間違いが多かったため、そのような英語が多様化して米語となった経緯がある。
たとえば、よく使われる「OK」も、もとは「All correct」(全く正しい)のことを「Oll korrect」と綴った新聞記者がいたためにその略号として「OK」が広まってしまったという逸話があるそうだ。
そしてこの「OK」がサインランゲージとして、親指と人差し指で丸を作り(O)、残りの指を立てる(K)ことで表現することが流行して、世界的に広まってしまった。

いくら英語を勉強しても、日常の日本語すべてを網羅できないどころか、かなり不自由である。
新聞やテレビで使われる時事用語は、基本英単語には入っていないことが多いからだ。
「公安委員会」や「連座制」、「贈収賄」、「機会均等」、「働き方改革」、「起訴状」…どうします?
「不倫」、「ぼけとつっこみ」、「認知症」、「ふるさと納税」、「三種の神器」、「ぶらぶらしている」、「引きこもる」、「こつこつ努力する」、「日々精進」
私が、訳せなかった言葉たちである。
「聞き流す英語教材」でこれが話せるようになるのだろうか?